おまとめローン

MENU

おまとめローンの申し込みに必要な書類にはどのようなものがあるでしょうか?在宅ですぐに取り寄せられる書類ばかりとは限りませんし、場合によっては手元に届くまでにかなりの時間を要する場合もあります。おまとめローンの申し込みをしてしまった後で大慌てをしなくて済むように、必要書類の入手方法は予め調べておきましょう。おまとめローンの申し込み時に必要な書類とは?おまとめローンを利用する際に必要な書類は、住宅ロー...

まず利息制限法による法定金利の上限をしっかり覚えておきましょう。上限金利は、10万円未満の借り入れの場合には20%、10万円以上100万円未満の借入の場合には18%、そして100万円以上の借り入れの場合なら15%となっています。消費者金融のおまとめローンのデメリットは金利が高いことです。複数の借り入れがいずれも消費者金融からで、借り入れの各々が100万円未満、借入総額が100万円以上になる場合で現...

おまとめが手軽に利用できる昨今だから注意したい、それがおまとめの返済プラン。もし、勢いに任せておまとめをしたらどうなる?今回はおまとめローンの返済シミュレーションの重要性と注意点を見ていきたいと思います。おまとめした者勝ちなんて絶対ない!多重債務者はおまとめローンで一本化を。複数の借入先があるのなら、おまとめしない手はない!そんな正しいようで間違った意見が流布している昨今、私もそんな情報戦略に乗っ...

複数から借り入れしている時に第一候補となるおまとめローン。しかし、おまとめローンはカードローンの申し込みがブラックでも利用することは可能なのか、といった疑問が出てくるかと思います。金融ブラックの方、特に申し込みブラックの方がおまとめローンを利用する際に確認しておきたいポイントと注意点を解説します。多重債務者がおまとめローンを利用できないケースとは?おまとめローンはその名の通り複数の借金をまとめるロ...

複数のカードローンで借入をしていた借金をおまとめローンで一本化したのはいいけど、その返済期間中に急に生活費や友人の結婚式などでお金が必要になった…そんなとき、他社からお金を借りることは可能なのでしょうか。おまとめローン中に新規で借入する場合に見ておきたいポイントは下記の点。借り入れをしたら規約違反となるのかおまとめローンを組んだ後に新規借入を申し込むと規約違反にならないか気になる方もいるかもしれま...

複数のカードローン会社から借金をしていると、返済の負担を軽くするために、おまとめローンを検討する方も多いのではないでしょうか。しかし、おまとめローンの審査を受けたり契約したりすれば、家族や職場の人にバレてしまうかもしれない、と不安を抱いているかもしれません。家族や職場の人におまとめローンの利用がバレれば、借金が明るみになってしまいますので、困る方も少なくないはずです。そこで、おまとめローンの利用で...

複数の金融機関からカードローンの借り入れがあると、多かれ少なかれ負担を感じるものです。金融機関によって毎月の返済日や返済金額は異なるので、借り入れがいくつもあると、まず毎月何日にいくら返済するかというスケジュールを管理するのが大変になります。もちろん返済金額そのものだって、いくつも重なれば負担になってくるでしょう。このように複数の借り入れを負担に感じるようになったら、おまとめローンの利用を検討して...

おまとめローンは、複数の借金を一本化することで、債務者の負担軽減の効果が期待できます。毎月の返済額を減らしたり、まとめることで金利を下げたり、様々なメリットがあります。しかし、おまとめローンは、必ずしもメリットばかりではありません。おまとめローンはメリットとデメリットがあり、良い評判も悪い評判もあります。とはいえ、おまとめローンの評判は、基本的に良い評判が多いです。おまとめローンをして良かったとい...

借金は順調に返済できれば問題ありませんが、収入の問題などでどうしても返済していくことが苦しくなってしまうことはあるでしょう。少しでも毎月の返済額が少なくなれば助かるという人や一切返済できないという人、いずれにせよ借金苦に陥っている人は、負担が軽減できればと考えているはずです。そこで、おまとめローンや債務整理を利用して、借金の軽減を考える人もいらっしゃるでしょう。しかし、おまとめローンと債務整理、ど...

借金が150万円ある場合、おまとめローンをするべきか債務整理をするべきか悩みますよね。それぞれの特徴をしっかり理解して、自分に最適な方法を選びましょう。おまとめローンおまとめローンは多くの銀行や消費者金融で取り扱っています。複数の借金をひとつの銀行にまとめるといったものですが、注意しなければならないのが借金そのものが減るということではない、ということです。例えば、Aという銀行のカードローンのおまと...

インターネットや街頭で「30日間利息無料!」といったカードローンの広告を目にしたことはないでしょうか。カードローンを利用するなら金利が少しでも低い方が良いけど、お金を借りても利息が無料なんておいしい話は信じていいの?と不安に感じる方もいるかもしれません。しかし、実際に様々な金融機関で利息が無料のカードローン商品が取り扱われており、利用者もたくさんいます。例えば、プロミスでは初めて利用する方がWEB...

カードローンの借り入れが複数になると、いろいろな問題が生じてきます。借入金額が大きくなり月々の返済が苦しい、それぞれの借り入れ上限金利が適用されているので利息の支払いが負担だ、また返済日が月に何度もあり管理が煩わしい…おまとめローンを利用して借金を一本化することで、そうした負担を軽減することができます。おまとめローンは各金融機関で取り扱いがあり、もちろん大手消費者金融のプロミスにもおまとめローンが...

消費者金融のカードローンについて少し調べたことがある方なら、総量規制の関係で年収の3分の1までしか借りられないことを知っていると思います。アイフルも消費者金融なので、当然その対象になります。つまり、もし年収が300万円だったら、上限として他社の借り入れを含めて100万円までしか借り入れができないということです。そうなると、例えばアコムとプロミスですでに計100万円借りていたとしたら、アイフルでの借...

ゆうちょ銀行のカードローンは銀行ではなく郵便局から借入れするイメージですが、ゆうちょ銀行もれっきとした銀行ですので各種ローンが用意されています。住宅ローン「夢舞台」多目的ローン「夢航路」カードローン「したく」この3つのローンがいわゆる個人ローンとして利用可能です。ここではカードローン「したく」に焦点を当ててみたいと思います。申込条件などはまた後ほど説明しますが、カードローン「したく」は他の消費者金...

労働金庫、通称ろうきんのフリーローンは、他行や他のカードローンの借り換え目的で使うことも可能です。ろうきんでおまとめする最大のメリットは金利の低さでしょう。通常、銀行のカードローンの場合、14.5%などが上限金利になりますが、ろうきんのフリーローンの場合、それの半分ぐらいになります。ただし、それらの金利は住んでいる地域によって異なります。 サービス名融資金額金利北海道労働金庫(北海道)該当なし--...