おまとめローン 保証人不要

おまとめローンに保証人は必要なのか?不要でできる金融業者は?

多重債務で返済に困っている場合にまず考えたいのがおまとめローン。

 

返済作がひとつにできて金利も下がり、月々の返済額も減るんですから完済を願う多重債務者にとっては非常に魅力的なローン商品になります。

 

ただし、気になることと言えば、保証人がいるのではないか!?ということ。

 

ドラマなどでもよく耳にする連帯保証人など『保証人』という言葉にいいイメージを持っていない方も多いはず。
それに、借金をまとめるためのローンですから保証人を立てるなんてことになったら、家族に知られてしまうという事態にもなりかねません。

 

そこでおまとめローンの保証人について詳しく解説していきたいと思います。

 

保証人と連帯保証人って何が違うの?

保証人と聞いてまず想像してしまうのが『連帯保証人』ではないでしょうか?
実はただの保証人と連帯保証人では意味合いが変わってくるのでまずは違いを理解しましょう。

 

連帯保証人

債務者と同じ返済責任が生じる保証人です。
債権者は債務者に返済を請求するのは当然ですが、連帯保証人に対してもいつでも強制的に請求できてしまいます。
連帯保証人になってしまい、債権者から返済の請求が来た場合は必ず応じなければなりません。

 

保証人

債務者が返済不能に陥った場合に代わりに返済しなければならない保証人です。
保証人には連帯保証人には与えられていない『抗弁権』が与えられています。
保証人に返済の請求をしたとしても、債務者に裁判所からの差し押さえがない限り、返済の請求を拒むことができる権利です。

 

連帯保証人は逃げられないのが特徴ですね。
債務者と一蓮托生なのが連帯保証人です。

 

保証人は債務者が完全に返済不能になるまでは対応しなくてもいいのが特徴です。
連帯保証人よりは逃げ道が用意されているのが保証人です。

 

おまとめローンの主流は保証人不要

近年、保証人や連帯保証人がらみのトラブルや事件が増えたためか、保証人不要が個人融資では主流になってきています。
ローン額が多額になる住宅ローンですら保証人が原則不要なところが多いのです。

 

おまとめローンに関しても、銀行も消費者金融も保証人不要としているところが多く、当サイトで掲載している金融業者は全て不要もしくは保証会社の保証を利用という形になっています。

 

保証会社とは?

保証会社とは保証人制度の代わりに台頭してきた新しい保証制度です。
もしあなたが返済を遅延した場合に代わりに支払をしてくれますが、その際には保証会社に債権が移ります。
この制度は貸す側にもメリットがあり、必ず代理返済がなされるので取りっぱぐれが発生しないシステムなのです。
また借りる側も本来保証人が必要な場面で、わざわざ恥を忍んで保証人を立てる必要もないので双方にメリットのある制度と言えるでしょう。

 

ただし、注意すべきは『原則保証人不要』としている銀行や消費者金融もあるということ。
このような場合は、借りようとしている人が審査基準に満たないけれど保証人がいれば貸付ができるというラインだった場合に保証人を求められることがあるということです。

 

おまとめローン,保証人不要おまとめローン申込み推奨業者おまとめローンに保証人は必要なのか?不要でできる金融業者は?

四の五の言わず申し込んでほしい低金利銀行おまとめローン

ネット銀行は顧客獲得に躍起!楽天ポイントもついてくる!

おまとめローンに保証人は必要なのか?不要でできる金融業者は?

楽天銀行カードローン
  • 金利:1.9%〜14.5%
  • 限度額:最大800万円
  • 融資スピード:即日審査(楽天銀行口座があれば即日融資可能)
  • おまとめ・借り換えに豊富な実績
300万円までなら収入証明書も不要で、手続きがカンタン!最短即日の融資も可能です。お借り入れが初めての方、楽天という安心感を求める方にもおすすめです。

おまとめローンに保証人は必要なのか?不要でできる金融業者は?

主婦の味方のイオン銀行はおまとめにも積極融資中!

おまとめローンに保証人は必要なのか?不要でできる金融業者は?

イオン銀行カードローンBIG
  • 金利:3.8%〜13.8%
  • 限度額:最大800万円
  • 収入証明書:300万円まで不要
  • コンビニ・銀行ATM・スマホから365日利用可能
上限・下限ともに業界トップの低金利!アルバイトやパートの方でも一定の収入があるか、配偶者に安定収入があれば申込可能。

おまとめローンに保証人は必要なのか?不要でできる金融業者は?