おまとめローン 審査

おまとめローンは審査が厳しい?

おまとめローンは審査が厳しいという話をよく聞きますが、大きな間違いです。
おまとめローン程、審査に幅を持たせているローンは他にはないと言えるでしょう。

 

なぜなら、年収400万円の普通のサラリーマンが普通にカードローンに申し込んでも、最初の段階での枠は100万円がいい所でしょう。
でも、おまとめローンの場合、年収400万、借金400万で400万円のローンを検討してくれるんですから、こんな都合のいいローンは他にありません。

 

借金がある事が大前提で高額ローンの審査に通すわけですから、貸す側もかなり慎重に審査を行うのは致し方ない事ですよね。

 

では、審査の基準になる所ってどんなところ?

 

かいつまんで説明しましょう。

おまとめローンの審査基準

1.借入件数:基本的には3社まで(年収次第では4社、5社でも通る場合があります。)
2.過去の事故歴:踏み倒し・滞納などの履歴を見ます。(多重借入でも延滞も全くなく返済できていれば+査定)
3.職業/勤続年数・年収・職種:その人に継続的な返済能力があるかの判断です。
例)年収400万の公務員と同じ年収の個人事業主では圧倒的に公務員が優遇されます。
例)年収1,000万円でも勤続年数が1年だと信用にならない事も

上記、3つをクリアすることが最低条件となってくるでしょう。

 

何かでマイナス査定が入った場合、希望額に届かない場合もあると思います。
例えば400万円借りたいのに100万円しか借りれない事など(もっと少ない場合もあるでしょう)も多いです。
ただその場合も、少ないからキャンセルするのではなく、100万円でまとめられる分だけまとめるという事が非常に大事です。
借入件数を減らせば返済は多少なりとも楽になりますし、その後の借り換え時にも件数が1件でも少ないほうが審査に有利になります。

 

実際に、審査で落ちたり、希望額が出なかったりした場合に、金融機関から言われる事は
『少しでも件数を減らしてから1本化するのが今後必要ですよ』
です。

 

とにもかくにも、まずは申し込んで審査を受けてみることで、自分の立ち位置を理解して、借金清算をしていきましょう!

 

おまとめローンは総量規制に例外にあたる

複数の金融機関に借入がある人にとって借入を一本化するおまとめローンを利用することができれば、煩雑な複数の借入の管理がしやすくなりますし、金利が下がることがほとんどですのでメリットが多いといえます。

 

おまとめローンを提供している金融機関は大きく分けて銀行と消費者金融がありますが、その中でも消費者金融におまとめローンを申し込もうと考えている人は改正貸金業法により、総量規制にかかるので消費者金融のおまとめローンは利用できないと思っているのではないでしょうか。しかし、おまとめローンについては消費者金融のサービスでも総量規制の例外貸付条項に該当すれば総量規制の対象外になります。

 

総量規制の例外貸付条項とはおまとめローンが「利用者に一方的に有利な借換え」にあたるか「段階的に債務を減らす借換え」に相当すれば消費者金融でも総量規制の対象外にあたります。ほとんどのおまとめローンはこの例外貸付条項に該当します。

 

しかし、勘違いしてはいけないのは総量規制の対象外であるということで、おまとめローンが必ず利用できるということとは別であり、消費者金融のおまとめローンであっても申し込む金融機関の審査に通らなければおまとめローンは利用できないということです。